英蘭系ユニリーバの10-12月期:純利益は減少-人員削減費かさむ

英・オランダ系食品大手ユニリーバが7日発 表した2007年10-12月(第4四半期)決算は、前年同期比で減益となった。人 員削減費がかさんだ。前年同期は、部門売却益が寄与し大幅増益だった。

発表資料によれば、純利益は7億2100万ユーロと、前年同期の20億3000 万ユーロから減少。前年同期は、欧州の冷凍食品部門売却益12億ユーロを計上 していた。07年10-12月期の純利益は、ブルームバーグ・ニュースがまとめた アナリスト6人の予想中央値では、7億2400万ユーロが見込まれていた。

売上高は前年同期比6.1%増となり、アナリストが予想した5.3%増を上回 った。ユニリーバは08年の増収率について、目標とする3-5%の「高い方の 水準」になるとの予想を示した。また、少なくとも15億ユーロ(約2340億円) 相当の自社株買いを実施するとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE