東京外為:円もみ合い、日本株反発で買い限定-ECB政策動向を警戒

東京外国為替市場ではドル・円相場が1ド ル=106円台半ばを挟んでもみ合った。この日は欧州の金融政策決定会合を控え て、利下げ観測が強まる可能性が警戒され、クロス・円(米ドル以外の通貨と 円の取引)主導で円が強含み。しかし、午後の取引では日本株がプラス圏で推 移したことから、円の上値を追うには手がかり不足となり、徐々に円売りに圧 力がかかった。

三井住友銀行市場営業部の高木晴久グループ長は、英国が予想以上の利下 げに踏み切れば、ポンド売りにつながる可能性があると予想。また、金利据え 置きが見込まれている欧州中央銀行(ECB)についても、「トリシェ総裁が 引き続きインフレを重視した発言をするのか、あるいはユーロ圏景気のダウン サイドリスクを気にした内容になるのかが焦点になる」としたうえで、景気懸 念が示された場合は利下げ期待につながり、ユーロ売り材料になるとみている。

そうしたなか、欧州時間に重要材料を控えた東京時間日中の取引では、「材 料難のなかで、円相場は株式市場を意識して、上下する展開になった」(高木 氏)といい、午後は株の戻りを受けて、円売り方向に振れたという。

日本株反発で円に売り圧力

この日のドル・円相場は、前日の米株安を背景にリスク回避に伴う円の買 い戻し圧力を引きずり、106円台半ば近辺と、円が海外市場の安値106円79銭 (ブルームバーグ・データ参照、以下同じ)から水準を切り上げて早朝の取引 を開始。午前の取引では日経平均株価が1万3000円を割り込む局面で円が上昇 基調を強め、一時106円28銭まで円が水準を切り上げた。

午後の取引では株価がプラスに転じて上昇幅を拡大すると、円に売り圧力 がかかり、午後3時25分には106円61銭までドル高・円安が進んだ。ユーロ・ 円相場も午前の取引で1ドル=155円34銭まで円が上昇したが、午後には155 円96銭まで円が押し戻される場面もみられた。

トリシェ総裁の会見見極め

この日はECBとイングランド銀行(BOE)が金融政策決定会合の結果 を発表する。ブルームバーグ・ニュースがまとめた市場予想では、BOEは0.25 ポイントの利下げが見込まれている一方で、ECBは政策金利を据え置く見通 し。

ユーロ圏では経済指標の弱含みが目立ちはじめているものの、ECBがイ ンフレ警戒姿勢を維持していることから、利下げ観測が醸成されにくい。市場 にはECBの対応が後手にまわっているとの懸念もあり、トリシェ総裁が会合 後の記者会見でインフレと景気減速に関してどのような見解を示すかが注目さ れる。

三菱UFJ証券クレジット市場部為替課長の塩入稔氏は「米国の悪材料は 織り込みが進んだ面があるものの、欧州経済への伝播については、まだ本格的 に相場に反映されておらず、この日の決定会合後に利下げ観測が強まれば、ユ ーロやポンドに一段と売り圧力がかかるリスクが警戒される」としている。

半面、市場ではトリシェ総裁の会見について「マネーサプライやインフレ 指標が総じて強含みのなかで、一気にハト派転換という思惑にはなりにくい」 (住友信託銀行マーケット資金事業部門・松本三郎チーム長)との見方もあり、 インフレ懸念が強調された場合は、ユーロ売り持ち高の買い戻しにつながる展 開もあり得そうだ。

米景気警戒感根強い

一方、6日には、米百貨店2位のメーシーズが収益見通しを引き下げたこ とを受けて、住宅不況が経済全体に波及しているとの懸念が強まり、米株の下 落につながった。1カ月物のドル・円オプションのインプライド・ボラティリ ティ(IV、予想変動率)が上昇し、投資家が株式投資を警戒する姿勢が示さ れた。

三菱UFJ証の塩入氏は、米小売り関連の弱気材料が米株の下押し要因に なり始めている感があり、住宅部門から派生した悪影響が経済全般に広がって いる状況があらためて印象付けられていることから、投資リスクを避ける傾向 に変化はないと指摘する。

そうしたなか、この日の米国時間には今月3日までの1週間の新規失業保 険申請件数が発表される。ブルームバーグ・ニュースがまとめた市場予想では 34万2000件と、前の週の37万5000件を下回る水準が見込まれている。

ただ、前週は同指標の結果が市場予想を大幅に上回り、増加幅が2005年9 月のハリケーン「カトリーナ」襲撃以来で最大になるなど、「びっくりするよ うな数字だった経緯もあり、引き続き悪い内容となれば、リセッション(景気 後退)懸念が高まる可能性がある」(三井住友銀・高木氏)という。そうなれ ば、リスク回避に伴う円の買い戻しが促される展開が警戒される。

--共同取材:柿崎元子 Editor:Tetsuzo Ushiroyama, Hidenori Yamanaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 三浦和美 Kazumi Miura

+81-3-3201-8583 kmiura1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Sandy Hendry

+852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

円に関するニュース JPY <Crncy> CN ユーロに関するニュース EUR <Crncy> CN ドルに関するニュース USD <Crncy> CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE