キリン:07年12月期連結純利益は25%増-今期は15%減へ(2)

酒類事業を中心に清涼飲料や医薬、食品事業 などを展開するキリンホールディングスは7日、前期(2007年12月期)の連結 純利益が前の期比25%増の667億円だったと発表した。メルシャンの連結化に より売上高が伸びたほか、好調な海外種類事業が寄与した。

今期(08年12月期)の連結純利益は前期比15%減の570億円となる見通し。 ブルームバーグによるアナリスト12人の平均予想値の545億円を上回る。売上 高予想は同17%増の2兆1000億円、営業利益予想は10%増の1330億円を見込 む。

キリンの株価終値は前日比33円(2.0%)安の1662円。