米グーグル:統合ソフトの機能強化-ユーザー間のファイル共有可能に

インターネット検索最大手、米グーグルは 7日、インターネット上で複数の人が同一文書で作業できるようにするため、 同社の統合ソフト「グーグル・アップス」の機能を強化したことを明らかにし た。この分野で圧倒的なシェアを持つ米マイクロソフトに対抗するのが狙い。

新機能の名称は「グーグル・アップス・チーム・エディション」。ユーザ ーの文書や表計算ファイルを別の複数のユーザーがネット上で閲覧・編集する ことができる。ファイルにはパソコンまたは携帯電話からアクセスが可能。ユ ーザーはファイルをパソコンではなくネット上に保存できる。

グーグルは、グーグル・アップスをマイクロソフトの統合ソフト「オフィ ス」に対抗する戦略ソフトと位置づけ、ネット広告収入以外の分野での収益拡 大に取り組んでいる。グーグルによると、グーグル・アップスは2006年のデビ ュー以降、50万社に上る企業に採用された。

同社の6日株価終値は前日比1%安の501.71ドル。年初からの騰落率はマ イナス27%。

-- Editor: Nick Turner, Rob Golum

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Ari Levy in San Francisco at +1-415-743-3542 or alevy5@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Cesca Antonelli at +1-202-654-4305 or fantonelli@bloomberg.net

企業別ニュース: