米上院、民主党主導の景気刺激法案の審議を拒否-1560億ドル規模

米上院は6日、民主党が主導する1560億ド ル(約16兆6000億円)規模の景気刺激法案の審議について表決を行い、審議 の継続に必要な票数が集まらなかった。同法案は、戻し減税や失業手当の規模 が下院案よりも大きい。

審議継続の賛成票は58票と、必要だった60票に2票届かなかった。この 景気刺激法案は、民主党が過半数を占める上院財政委員会で先週可決されたも の。共和党は追加条項が多過ぎるため、実際に消費者に金が行き渡るのが遅れ ると主張している。

共和党のジョン・スーン上院議員(サウスダコタ州)は、同法案について 「ブッシュ大統領は、このような失業手当の拡大を望まないと明言している」 と指摘した。

同党は、この法案に盛り込まれた失業手当や貧困層対象の暖房補助の増額 に関する条項を削除し、戻し減税の対象に高齢者と障害退役軍人を加える条項 を盛り込む形で下院案を修正したい考え。

民主党のハリー・リード上院院内総務(ネバダ州)は、同法案可決に必要 な票を集めるため、共和党議員に再度働き掛ける方針という。同院内総務の報 道官が明らかにした。

-- Editor: Jim O'Connell, Bill Arthur.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Alison Fitzgerald in Washington at +1-202-624-1846 or Afitzgerald2@Bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Michael Forsythe at +1-202-624-1940 or mforsythe@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE