アジア株:3日続落-業績予想下方修正でオリックスなど日本企業安い

7日のアジア株式相場は3日続落。業績見通 しの下方修正を発表した日本企業が安い。

大手ノンバンクのオリックスは続落し、過去16年で最大の下げとなってい る。信用リスクの高まりから、2008年3月通期の利益予想を下方修正したこと が嫌気された。このほか、バンダイナムコホールディングスも大幅続落となって おり、両社株がMSCIアジア太平洋指数の下げを主導している。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時40分現在、前日比0.5%安 の141.27。日経平均は同0.5%安の1万3029円91銭となっている。オーストラ リアのASX200指数も1.5%安。域内の株式市場の多くは春節(旧正月)のた め休場となっており、同時刻時点で取引が実施されているのは、日本、オースト ラリア、ニュージーランド、フィリピンの各市場のみ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE