鉄スクラップが上昇一服、史上最高値続くも、電炉メーカーが高値嫌気

日本鉄源協会(東京都中央区)が6日公表 した国内主要3地域での2月第1週の鉄スクラップ平均価格(東京、名古屋、 大阪:標準品H2)は、前週と同じ1トン当たり4万1519円だった。前週まで 6週連昇一服した格好だ。

大阪府堺市の金属リサイクル事業者、西川商工によると、「改正建築基準 法の影響で建築物の解体による鉄スクラップ供給が少なくひっ迫感はあるが、 購入価格を引き上げていた韓国・現代製鉄が据え置くなど、さすがに電炉メー カーがさらなる高値を嫌気しつつある」(西川楠幸副社長)という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE