米国株時間外:シスコが7.5%安、売上高予想を嫌気-MBIAは上昇

米株式市場時間外取引では、ネットワーク機 器最大手、米シスコシステムズが大幅に下落した。同社が示した08年2月-08 年4月(第3四半期)の増収率見通しが10%と、アナリスト予想平均の15%を 下回ったことが嫌気された。

シスコシステムズの株価は、ニューヨーク時間午後5時55分(日本時間7 日午前7時55分)現在、1.73ドル(7.5%)安の21.35ドル。07年11月-08 年1月(第2四半期)純利益は前年同期比7.2%増の20億6000万ドル(1株当 たり33セント)と、前年同期の19億2000万ドル(同31セント)から増えた。 株式報酬など一部費用を除いた1株利益は38セントで、ブルームバーグ・ニュ ースがまとめたアナリスト予想平均と一致した。

コンテンツ配信会社のアカマイ・テクノロジーズは97セント(3.3%)高の

30.70ドル。同社が発表した07年10-12月(第4四半期)利益は、オンライン ビデオの需要拡大を背景に前年同期比74%増となった。

金融保証会社(モノライン)のMBIAは1.07ドル(7.5%)高の15.35ド ル。同社は約5030万株の普通株を発行し、7億5000万ドルを調達する計画を示 した。また、投資会社ウォーバーグ・ピンカスが最大7億5000万ドルの転換可 能な利益配当優先株を引き受けることも明らかにした。

S&P500種株価指数先物(3月限)は7.6ポイント高の1337.60。