バフェット氏:信用収縮は進行していない-ドル相場は下落へ

米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイ を率いる資産家ウォーレン・バフェット氏は6日、信用収縮は進行していない との認識を示すとともに、ドル相場は下落する可能性が高いと予想した。

バフェット氏はトロントでの集まりでの質疑応答で、資金は調達できる状 況にあり、「かなり割安な水準」での借り入れが可能だと述べた。ドル相場につ いては、政策に変更がない場合、向こう10年間に下落する公算が大きいと言及 した。

バフェット氏は「持続不可能なことがあれば、それは結果を伴うだろう。 今のところその結果は主要通貨に対するドルの全般的な下落だ」と指摘。「同じ 政策が続いた場合、向こう5年、10年は同じ結果が表れるだろう」と述べた。

インフレについては、「緩和」された状態にあるとする一方で、向こう10 年はインフレが一段と広がる可能性が高いとの見方を示した。米経済がリセッ ション(景気後退)入りする見通しに関しては「全く分からない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE