中国の石炭不足は短期的に続く見通し、大雪の影響で-UBSのペ氏

スイスの銀行、UBSの非鉄金属・鉱業調査 の地域責任者、ギー・ペ氏は6日、中国の大雪が火力発電用石炭価格に与える 影響について、以下の通りコメントした。

グローバルコールNEWCインデックスによると、オーストラリアのニュ ーカッスル港の発電用石炭価格は1日終了週に前週比25%上昇し、1トン当た り116.44ドルと過去最高値に達した。

この半世紀で最悪となる大雪で国内輸送が妨げられ、消費が加速するなか、 中国は2月と3月に石炭輸出を停止する方針だ。停電と洪水による南アフリカ 共和国とオーストラリアからの輸出減少も価格上昇につながっている。

◎中国の石炭不足について:

「天候は回復しつつあるかもしれないが、中国は向こう2カ月、輸出をし ない方針で、このため域内の価格は上昇している。2004年に中国で鉄道輸送の 能力不足による石炭不足が生じたときにも同じことが起きた」

「04年の1月から4月の間に石炭価格は55%上昇した。その後、中国は鉄 道による供給と生産を増やした。石炭価格は下向き傾向となり、次いで非常に ゆっくりとしたペースで上昇し始めた」

「しかし、過去3年間の供給の伸びにもかかわらず、中国が04年と同じ地 点に戻っているという点で、今回のケースは興味深い。これは企図によるもの ではなく、中国に十分な石炭がない現実を反映している」