スーパーチューズデー:クリントン・オバマ氏互角-加州も接戦(2)

米メディアの予測によると、米大統領選の各 党候補選びのヤマ場である5日のスーパーチューズデーの中盤に入り、民主党 はヒラリー・クリントン上院議員(ニューヨーク州)とバラク・オバマ上院議 員(イリノイ州)が互角の戦いを続けている。

米メディアの予想によれば、クリントン氏はアーカンソー州、マサチュー セッツ州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、オクラホマ州、テネシー州 で勝利。一方のオバマ氏はアラバマ州、コネティカット州、デラウェア州、ジ ョージア州、イリノイ州、カンザス州、ミネソタ州、ノースダコタ州、ユタ州 を制した。AP通信はミズーリ州もクリントン氏勝利と伝えた。また、FOX ニュースはオバマ氏のコロラド州勝利、MSNBCはオバマ氏のアイダホ州勝 利とクリントン氏のアリゾナ州勝利を伝えた。

5日に民主党の予備選や党員集会が行われる22州の中で、代議員数の多い 重要州はニューヨーク、イリノイ、カリフォルニアなど。民主党の制度では、 敗者にも代議員が割り当てられる。

カリフォルニア州の投票はニューヨーク時間午後11時(日本時間6日午後 1時)に終了したが、FOXニュースとCNNによれば、接戦になっており、 結果はどちらとも言えない。

互角の戦いのなか、両陣営とも指名争いが5日で決着するとは考えていな い。スーパーチューズデー以前には、オバマ氏とクリントン氏がそれぞれ2州 ずつを制している。

MSNBCの出口調査によれば、初の黒人米大統領を目指すオバマ氏はア フリカ系米国人と男性から支持を集めている。一方、女性の間にはクリントン 氏の支持が多い。

大票田のカリフォルニアでの投票開始直前に発表された世論調査によれば、 同州での支持は2候補の間で等しく分かれている。同州のヒスパニック系住民 の多さがクリントン氏に有利に働く可能性もある。MSNBCの出口調査では、 ヒスパニック系米国民の約61%がクリントン氏を支持していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE