豪マッコーリー:投資銀行部門トップのムーア氏を次期CEOに指名

オーストラリアの証券最大手、マッコーリ ー・グループは6日、投資銀行部門トップのニコラス・ムーア氏(49)を次期最 高経営責任者(CEO)に指名したと発表した。約15年在職したアラン・モス CEOは退任する。

発表資料によれば、ムーア氏は5月24日付でCEOに就任する。同氏が現 在トップを務める投資銀行部門は、マッコーリーの利益の5割強を占める。

モスCEOは、通期決算で過去最高益を見込んでいる。同CEOの下、マッ コーリーの利益は30倍に増加した。1977年にモスCEOが入社した当時は、2 つのオフィスで50人の従業員が働く銀行だった。ムーア次期CEOは、金融市 場混乱のなか、世界中で従業員1万2400人、2000億ドル(約21兆3000億円) 以上の資産を抱える同社の指揮を執ることになる。同社の株価は昨年5月17日 に付けた最高値から37%下落している。