スーパーチューズデー:前半戦はクリントン氏優位-カリフォルニアが鍵

米メディアの予測によると、米大統領選の各 党候補選びのヤマ場である5日のスーパーチューズデーの前半戦で、民主党は ヒラリー・クリントン上院議員(ニューヨーク州)がマサチューセッツやニュ ージャージー州を制し、バラク・オバマ上院議員(イリノイ州)をリードして いる。

CNNやFOXニュース、MSNBCによると、クリントン氏はアーカン ソー州、地元のニューヨーク州、オクラホマ州、テネシー州でも勝利した。一 方のオバマ氏は地元のイリノイ州に加え、アラバマ州とジョージア州、デラウ ェア州を確保した。FOXはカンザス州の党員集会もオバマ氏勝利と伝えてい る。

5日に民主党の予備選や党員集会が行われる22州の中で、代議員数の多い 重要州はニューヨーク、イリノイ、カリフォルニアなど。カリフォルニア州の 投票はまだ続いている。民主党の制度では、敗者にも代議員が割り当てられる。 両陣営とも指名争いが5日で決着するとは考えていないものの、この日の結果 は見通しをより明確にするかもしれない。スーパーチューズデー以前には、オ バマ氏とクリントン氏がそれぞれ2州ずつを制していた。

MSNBCの出口調査によれば、初の黒人米大統領を目指すオバマ氏は黒 人と男性から支持を集めている。一方、女性に間にはクリントン氏の支持が多 い。

大票田のカリフォルニアでの投票開始直前に発表された世論調査によれば、 同州での支持は2候補の間で等しく分かれている。同州のヒスパニック系住民 の多さがクリントン氏に有利に働く可能性もある。MSNBCの出口調査では、 ヒスパニック系米国民の約61%がクリントン氏を支持していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE