元UBSトレーダーのヘッジファンド、今年30%マイナス-昨年も下げ

元UBSのトレーダー、ジョン・ウッド氏 (46)が運用するヘッジファンド、SRMグローバルは、年初から1月18日ま でに、資産価値を30%失った。住宅金融で米最大手のカントリーワイド・ファ イナンシャル株や英銀ノーザン・ロック株の保有がマイナスの成績につながっ た。ファンドの投資家2人が2月6日までに明らかにした。

投資家が匿名を条件に述べたところによると、同ファンドの成績は2007年 も、約30%のマイナスだった。同ファンドはノーザン・ロックへの最大の外部 投資家で、同社株はSRMが保有を明らかにした昨年10月10日以来、約65% 下落している。

ヘッジファンド向けコンサルティング会社ラブン・パートナーズの創業者 ジェローム・ルサン氏は、ウッド氏は「皆が逃げ出しているときに買いに入っ た」として、「どちらが正しかったかは時間がたてば分かる」と話した。

ウッド氏は06年に、投資家から30億ドル(約3200億円)を集めSRMグ ローバルを立ち上げた。UBSも5億ドルを投資した。ブルームバーグ・ニュ ースが入手したSRMの資料によれば、同氏はUBSでの16年間は毎年、投資 収益を上げていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE