BOA:ヤフーの投資判断引き下げ-買収提案を受けた株価高騰で

バンク・オブ・アメリカ(BOA)のアナ リスト、ブライアン・ピッツ氏は5日、米マイクロソフトから446億ドル(約 4兆8000億円)で買収を打診されている米オンライン検索大手ヤフーの株式 投資判断を「買い」から「ニュートラル(中立)」に引き下げた。

マイクロソフトは今月1日、ヤフーに対し1株当たり約31ドルで買収を 提示。ピッツ氏はヤフーの株価が提示価格に接近しているのに伴い、株式投資 判断を引き下げた。

ヤフーの株価は買収提示が明らかになってから急騰。買収計画発表前の1 月31日から62%上昇した。ピッツ氏はヤフーがライバル企業グーグルとの競 争に苦戦するなか、買収提示内容は「寛大だ」と述べた。

1月31日のヤフー株価終値は19.18ドル。同株価(ナスダック市場公 開)は5日、午前9時36分現在前日比35セント(1.2%)安の28.98ドル。 マイクロソフトは同34セント下げて29.85ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE