英BP10-12月:53%増益、原油は1バレル=100ドルに向け上昇(2

欧州の石油会社2位、英BPが5日発表し た2007年10-12月(第4四半期)決算は、原油相場が1バレル=100ドルの 水準に向け上昇するなか、前年同期比53%増益となった。

発表資料によると、純利益は44億ドルと、前年同期の28億8000万ドルを 上回った。一時項目や在庫保有に伴う損益を除いたベースの第4四半期利益は 40億ドルとなり、ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト7人の予想 中央値(46億5000万ドル)を下回った。

トニー・ヘイワード最高経営責任者(CEO)は、BPが過去2年ほど同 業他社に後れを取っていることに対応し、生産拡大や人員削減を進めるとともに、 パイプラインの石油漏れや米テキサス州製油所の爆発について和解を推進した。 ニューヨーク市場での原油先物相場は、昨年第4四半期は前年同期比で5割上昇、 1月3日には過去最高となる1ドル=100.09ドルを付けた。

5日のロンドン市場でのBP株は、ロンドン時間午前8時20分(日本時間 午後5時20分)現在、前日比10.5ペンス(1.9%)高の552.5ペンスで取引さ れている。年初からは10%下落している。