独MANの10-12月期:33%増益-ロシアやポーランドで需要増加

欧州3位のトラックメーカー、ドイツのMA Nが5日発表した2007年10-12月(第4四半期)決算は、純利益が前年同期比 33%増となった。経済成長を背景に、ロシアやポーランドでの販売が増加した。

発表資料によれば、純利益は3億3100万ユーロ(1株当たり2.26ユーロ) と、前年同期の2億4800万ユーロ(同1.54ユーロ)から増加。ブルームバー グ・ニュースがまとめたアナリスト7人の予想値(3億1800万ユーロ)も上回 った。売上高は前年同期比35%増の52億3000万ユーロだった。1株当たり利 益の数字は、継続事業を反映している。