竹中元総務相:日銀にとって重要なことはデフレを止めること-講演

小泉内閣で金融相・経済財政担当相、総務相 などを務めた竹中平蔵慶大教授は5日午後、在日米国商工会議所(ACCJ) が主催した講演会後の質疑応答で、「日本経済は依然デフレ状況にある」と述べ、 「日銀にとって重要なことはデフレを止めることだ」との考えを示した。

金融政策に関連しては、「インフレターゲットをとることを個人的に勧めた い」と語った。日本が直面する最大のリスク要因として竹中氏は、現在の政治 状況を挙げ、福田政権は「改革の支持派、反対派の両方によって支えられてい る。それが問題だ」と語った。

さらに、参院では野党が多数を占めているため法案を野党の合意なしには 通せないことなどに触れた上で、政界再編が必要と指摘した。個人的な見解と 断わったうえで、解散・総選挙の時期について「遅い夏ぐらいに総選挙がある だろう」との見方を示した。