コンテンツにスキップする

午前の日本株はじり安、オリンパスはストップ安-業績や米金融を警戒

午前の東京株式相場は反落。日経平均株価 など主要株価指数は取引後半にかけてじりじりと下げ幅を拡大した。円高要因 などから2008年3月期の業績予想を下方修正したオリンパスがストップ安 (値幅制限の下限)まで売り込まれ、収益見通しを減額した三菱レイヨン、ア ルパイン、船井電機も急落。

また、米国を中心に金融機関の間で信用損失計上の動きが広がるのは避け られないとの警戒感が再び強まっており、前日買われた三菱UFJフィナンシ ャル・グループ、野村ホールディングス、ミレアホールディングスなどの金融 株にも反動的な売りが出た。

日経平均株価の午前終値は前日比171円69銭(1.2%)安の1万3688円 1銭、TOPIXは同15.09ポイント(1.1%)安の1349.63。東証1部の売 買高は概算で9億5031万株、売買代金は1兆1334億円。値下がり銘柄数は 1112、値上がりは482。東証業種別33指数では24業種が下落、9業種が上昇。

損保ジャパン・アセットマネジメントの木谷徹シニア・インベストメン ト・マネージャーは、国内企業の07年10-12月業績は総じて堅調と前置きし ながら、「モメンタム(勢い)が明らかに落ちてきており、08年3月期通期 の下方修正が目立つ印象」と話した。投資家の目は来期(09年3月期)に移 り始めているが、「足元のモメンタムから判断すると、来期には減益に転じる 企業が続出しそうで、新規資金を振り向けることに慎重にならざるを得ない」 としている。

米株は3日ぶり反落、日経平均は安値圏で終了

4日の米株式相場は、金融や小売株を中心に3営業日ぶりに反落。ダウ工 業株30種平均は前週末比108.03ドル(0.9%)安の12635.16ドルで終えた。 UBSは米失業率の上昇により、アメリカン・エキスプレス(アメックス)の 利益が減少するとの見通しを示した。またメリルリンチは、ウェルズ・ファー ゴとワコビアについて、損失拡大の恐れを指摘。各証券会社の弱気見通しを嫌 気し、アメックスが3.9%安、ウェルズ・ファーゴとワコビアは7年ぶりの大 幅安となり、個人消費の減速懸念からティファニーなど小売株も下げた。

米株の流れを引き継ぐ格好で、この日の日本株は売り先行で取引を開始。 日経平均株価は、米シカゴ先物市場(CME)の日経平均先物3月物の4日清 算値1万3785円を早々に下回った。朝方の売り一巡後には、日経平均は下落 幅を37円まで縮めたが、買い戻しの勢いは鈍く、再び下げ幅を拡大。午前10 時半ごろからは下げが加速し、午前の安値付近で終えた。

週初安のジンクス破れる、隔日上下の脱却は微妙

日経平均は2008年に入ってから、週初に売り込まれるアノマリー的な動 きが続いていたが、2月第1週の週初となった前日4日にはこの流れを打ち切 った。また直近では、1月28日以降は隔日で上昇と下落を繰り返しており、 「前日に週初安のジンクスを断っただけに、きょうは隔日上下のジンクスを破 ることを期待していたが、この調子だと難しそうだ」(野村証券プロダクト・ マーケティング2部の佐藤雅彦エクイティ・マーケットアナリスト)との声が 聞かれた。

オリンパス、船井電、アルパイン、サッポロが急落

個別では、北米中心にデジカメ販売が伸び悩む上、円高・ドル安の進行も 逆風になるとして、08年3月期の連結営業利益予想を下方修正したオリンパ スがストップ安まで売り込まれた。液晶テレビの採算悪化などが理由に08年 3月期に連結営業赤字に陥る見通しと発表した船井電機、カーナビの販売不振 を受け08年3月期の業績予想を下方修正したアルパインもストップ安。オリ ンパスは日経平均を21円押し下げており、同指数の下落寄与度トップ。原燃 料価格の高騰や円高などから事業環境が悪化し、08年3月期業績予想を引き 下げた三菱レイヨンは急反落し、昨年来安値を更新した。

このほか、サッポロホールディングス株が急落。米投資ファンドスティー ル・パートナーズからの買収提案を評価していた特別委員会が、買収防衛策発 動の正当性が認めるような見解を示し、「スティールによるTOBの可能性が 減退、株価上昇の期待も剥がれた」(立花証券・平野憲一執行役員)という。

海運に買い、ヤフーは連日の上昇

半面、商船三井が2.2%高となるなど海運株の上げが目立った。東証海運 株指数は業種別指数の上昇率ランキングで1位。大手を中心に足元の業績好調 が確認されているほか、ばら積み船の国際運賃指標であるバルチック海運指数 が底入れ基調にあることで、収益の先行き不透明感が後退していることも背景 にある。米マイクロソフトによる米ヤフーへの買収提案で、業界再編期待など から前日にストップ高(値幅制限の上限)比例配分となったヤフーが大幅続伸。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE