福田首相:消費者庁の設置構想「4月から5月に結論」-コメント

福田康夫首相は4日夜、消費者行政を一元 的に扱う「消費者庁」の設置構想について、6月としていた取りまとめ時期を 前倒しする考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。主なコメントは 次の通り。

中国製ギョーザによる中毒事件について:

「また農薬のついたギョーザが発見されたようだ。大変心配している。現 在、調査している」

消費者庁の設置について:

「ギョーザ事件で、政府は情報を統一できていなかった。そういうことを 解決できる組織をつくった方がいいのではないかと思った」

「消費者庁は4月か5月までに何らかの結論を出したい」

C型肝炎訴訟の和解について:

「原告のみなさんは、時間がかかったと思うだろう。決着したことは、う れしく思う」

環境問題について:

「近々、環境問題に関する司令塔のようなものをつくりたい。官邸中心で つくることを考えている」

--共同取材 山村敬一  Editor: Tetsuki Murotani

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 関口陶子  Toko Sekiguchi +81-3-3201-2530 tsekiguchi3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Anthony Spaeth +85-2-2977-6620 aspaeth@bloomberg.net

Yasuo Fukuda Toko Sekiguchi