欧州債:下落、欧州株の上昇で需要が減退-10年債利回り3.93%

欧州債相場は下落。ここ2週間で最 低水準にあった10年債利回りは上昇した。欧州とアジアの株価上昇で、 安全資産としての国債への需要が弱まったことが背景だった。

欧州の主要株価指数が上昇し、10年物ドイツ連邦債は2日続伸を経て 買い一服となった。また昨年12月欧州の生産者物価指数はエネルギーコス トの高騰を受けて、過去1年間で最も速いペースに加速した。

野村インターナショナルの欧州金利戦略責任者、チャールズ・ディ ーベル氏(ロンドン在勤)は「債券市場は株式市場の動向に左右されて いる」と指摘。「株価指数の反発に伴い、安全志向といった下支え要因 が消滅する。しかしこれも、次の悪材料が出てくるまでのことだろう」 と語った。

10年債利回りはロンドン時間午後4時45分までに前週末比1ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し3.93%となった。同国債 (2018年1月償還、表面利回り4%)価格は同0.09ポイント下げて

100.54。2年債利回りは前週末比1bp上昇し3.39%。