コンテンツにスキップする

アジア株:3日続伸、米製造業指数の予想外の上昇で-シャープが高い

4日のアジア株式相場は3営業日続伸。米 製造業景況指数が予想外に上昇したことを受け、同国のリセッション(景気後 退)入り懸念が後退した。

米国向け輸出企業のうち、韓国のサムスン電子が上げをけん引。シャープ は2年ぶりの大幅高。第3四半期(2007年10-12月)が予想を上回る業績 となったことが寄与した。英豪系の鉱山会社、リオ・ティントも高い。中国最 大のアルミニウムメーカー、チャイナルコなどが、豪鉱山会社BHPビリトン のリオ買収阻止に動いたことが手掛かりとなった。

みずほ証券の北岡智哉ストラテジストは、製造業指数の改善に触れ、米経 済は思ったほど悪くないとの見方を示した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時7分現在、前週末比

1.5%高の147.30。前週末までの2営業日で2.8%上昇していた。日経平均 株価は同2.6%高の1万3846円21銭。オーストラリアのASX200指数は 同1.8%高。このほかのアジア市場でも、ほぼ全面高となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE