東京外為:円が軟調、株高でリスク許容度改善-G7控え調整意識

週明けの東京外国為替市場では、円が軟調。 対ドルでは3営業日ぶり安値水準となる1ドル=107円ちょうど付近まで円が 軟化する場面も見られた。前週末発表された米経済指標は強弱まちまちの内容 だったが、米金融保証会社(モノライン)の救済期待を背景に米国株をはじめ、 日本やアジアの株式相場が上昇していることで、リスク許容度の改善から金利 差に着目した円売りが優勢となった。

みずほコーポレート銀行国際為替部の田中義久調査役は、ドル・円相場に ついて、「月末・月初の米指標を何とか乗り切った形で、今週は目立った指標 もなく、週末にはG7(7カ国財務相・中央銀行総裁会議)が控えていること もあり、ポジション調整が起きやすい環境ではある」と指摘。「大きな流れで は何ら解決しておらず、米景気の見方もネガティブなので、大きなドル売りの 流れは変わっていないが、短期的にはドルの底を見た可能性がある」と語る。

一方、週末のG7ではサブプライム問題を発端とした金融市場の混乱や世 界経済の減速リスクに対して、どのような協調姿勢が示されるかが焦点となる が、「G7に向けて何か新たなものが出てくるとはちょっと考えにくいので、 ドルの調整は限られたものになる」(田中氏)可能性が高いという。

円軟調、対ドルで106円後半

週明けの東京市場ではドル・円が1ドル=106円台半ば付近で早朝の取引を 開始。米雇用統計の悪化にもかかわらず、ISM(米供給管理協会)製造業景 況指数の改善や米国株の上昇を手掛かりにドル買い・円売りが優勢となった米 国市場の流れを引き継ぎ、午前7時半すぎには前週末のドル高値の106円74銭 (ブルームバーグ・データ参照、以下同じ)と並んだ。

また、公表仲値が設定される午前10時にかけては円売りが進み、ドル・円 は一時、106円97銭まで円安が進行。しかし、107円手前では円の押し目買い 意欲が強く、午後にかけては日本株の伸び悩みもあり、円は下げ渋った。

ユーロ・円も1ユーロ=157円台後半で週明けの東京市場を迎えた後、午前 10時前には158円台を回復。さらに、午後には158円48銭まで円売り・ユーロ 買いが進んだ。

新生銀行キャピタル・マーケッツ部のキム・カンジャ次長は、「ドル・円 は105円台に突っ込んでも、先週来ずっと買いにぶつかってしまって下がらず、 米雇用統計が悪かった後のISMの数字が強かったことで慌ててみんなドルを 買い戻した感じ」と説明する。その上で、「為替市場はほとんど株をにらみな がらの展開となっているため、米国株が堅調な分、ドル・円もなかなか売られ るという状況ではない」と指摘する。

1日の北米市場では1月の米雇用統計で非農業部門雇用者数が前月比で 2003年8月以来の減少となったことから、ドルは対円で一時、1ドル=105円 77銭まで下落する場面が見られた。

一方、米株式相場は、ソフトウエア最大手のマイクロソフトによるポータ ル(玄関)サイト大手ヤフーの買収案提示やモノライン救済観測から上昇。週 明けの東京株式相場も反発し、日経平均株価は1月18日以来となる1万3800 円台を回復した。

モノライン動向に振れやすい

米金融専門局CNBCは1日、匿名の関係者を引用し、モノライン救済を 目指して欧米銀行8行がコンソーシアム(企業連合)を結成したと報じた。米 格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスは1月31日付のリポー トで、モノラインがサブプライム(信用力の低い借り手向け)住宅ローン絡み の損失を補てんするため、資本を十分に増強できなければ、2月中に一部モノ ラインの格下げに踏み切る可能性があると指摘している。

新光証券の林秀毅グローバルストラテジストは、市場は、米国のマクロ要 因よりもモノライン救済策といった金融市場要因に注目していると指摘し、今 週もドル・円は「モノラインの行方に一喜一憂し、株式市場経由で引き続き振 れやすい展開になる」と予想している。

欧州要因がドル下支えか

また、今週はあすにオーストラリア準備銀行(RBA)、週後半には欧州 中央銀行(ECB)とイングランド銀行(BOE)の政策金利の発表があり、 米国の連続利下げに続き、その他の国の金融政策の行方が注目される。

新光証券の林秀毅グローバルストラテジストは、1月のユーロ圏のインフ レ率が前年同月比3.2%上昇となったことを見ると、ECBはタカ派的にならざ るを得ないが、トリシェ総裁が景気減速について少し踏み込んだ発言をするか もしれないとの思惑もあり、「ECB理事会を控えて、ユーロは上げにくい」 と指摘。加えて、今週から始まる欧州金融機関の決算発表に対する警戒感もあ るといい、「欧州要因が間接的にドルを支える」可能性もあるとみている。

ユーロ・ドルは米雇用統計発表後に1ユーロ=1.4949ドルと昨年11月23 日に付けたユーロの史上最高値(1.4967ドル)付近までユーロ高・ドル安が進 んだが、その後ユーロが反落。週明けの東京市場では1.4800ドルちょうどを挟 んでもみ合った後、午後には1.4842ドルまでユーロが小反発する場面も見られ たが、その後はユーロが伸び悩んでいる。

また、ポンドはBOEの追加利下げ観測を背景に、対ドルで一時、1ポン ド=1.9628ドルと1月24日以来、約1週間半ぶりの安値を更新。一方、RBA の利上げが見込まれる中、オーストラリア・ドルは対ドルで昨年11月14日以 来の高値へ上昇している。

--共同取材:柿崎元子 Editor:Tetsuzo Ushiroyama,Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 小宮 弘子 Hiroko Komiya

+81-3-3201-2371 hkomiya1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Sandy Hendry

+852-2977-6608 shendry@bloomberg.net