12月の米製造業受注は2.5%増へ、投資の伸びを示唆か-BN調査

ブルームバーグ・ニュースが金融・調査機関 50社を対象に実施した調査の予想中央値によれば、米商務省が4日に発表する 昨年12月の製造業受注額は前月比1.5%増加したもようだ。雇用低迷のなかで、 新規の機材・設備に対する企業投資がなお拡大していることを示唆する内容にな りそうだ。11月は同1.5%増だった。

海外からの受注や投資の増加を支えに、住宅不況で製造業が腰折れする事態 は回避されそうだ。市場では、信用市場を安定させ、企業や消費者の支出を確実 にするため、米金融当局が来月追加利下げを実施するとの見方が多い。

ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルのチーフエコノミスト、デ ービッド・レスラー氏は「国内企業や海外勢、または双方ともに、心配されてい るほど設備投資の予算を削っていないかもしれない」と話した。

製造業受注の発表時刻は午前10時(ワシントン時間)。ブルームバーグ調 査での予想レンジは0.3%増-4.6%増。

製造業受注の半分以上を占める耐久財受注は、1月29日に発表された速報 値は5.2%増だった。航空機受注に支えられた。輸送機器を除く耐久財受注は3 カ月ぶりに増加し、2.6%増だった。製造業受注には非耐久財も含まれる。

-With reporting from Thomas Black in Monterrey, Mexico, and Rob Delaney in Toronto. Editor: Carlos Torres , Sylvia Wier

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 竹内 正子 Masako Takeuchi +81-3-3201-3986 mtakeuchi5@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Bob Willis in Washington at +1-202-624-1837, or bwillis@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +1-202-624-1972 or canstey@bloomberg.net