NTT:07年4-12月期連結純利益は22%減-通期予想は据え置き(2)

国内通信最大手NTTが4日発表した2007 年4-12月期業績(米国会計基準)は、純利益が前年同期比22%減の3209億 円となった。稼ぎ頭である携帯電話のNTTドコモの純利益が同6.7%減とな ったあおりで減益となった。

売上高は1.1%減の7兆8442億円、営業利益は9.6%減の8744億円だっ た。12月末の光ファイバー契約数は809万6000件。9月末は742万4000件だ った。08年3月末の光ファイバー契約目標947万6000件を維持した。

通期(08年3月期)業績予想は据え置いた。売上高は前期比1.5%減の10 兆6000億円、営業利益は同19%増の1兆3200億円、純利益は同11%増の 5300億円となっている。営業増益が実現すれば4年ぶりとなるが、これは厚生 年金基金の代行返上益を第4四半期(08年1-3月期)に計上予定であること が主因。

NTTの株価終値は前週末比3000円(0.6%)高の50万6000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE