薬害肝炎訴訟が初の和解、大阪と福岡で国と患者28人-共同通信

C型肝炎の患者が、国と製薬会社に損害賠償 を求めた薬害肝炎訴訟で、患者13人と国が4日、大阪高等裁判所で和解した。福 岡高等裁判所でも同様の手続きが行われ、患者15人と国が和解した。共同通信が 同日、報道した。

共同通信によると、2002年10月以降、全国の約240人が裁判を起こした一 連の裁判で、和解が成立したのは初めて。