米30年国債の魅力に陰り、景気再加速の観測などで悲観的予想が増加

米30年国債はこれまで、あらゆる面で魅力 がとても高かった。昨年6月以降の投資収益率は16%と、米国の短期、中期、 長期のすべての国債のなかで最高だった。需要の強さを反映し、先月には利回 りが定例入札の始まった1977年以来の低水準を記録した。

こうした状況で、30年国債を買えば確実に損が出ると予想する投資家が増 えている。連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げや、米国債が引き続きサ ブプライムローン(信用力の低い個人向けの住宅融資)問題や景気減速を回避 する投資先であるにもかかわらず、相場下落を予想しているのだ。

30年国債の魅力を低下させる要因としては、拡大する米財政赤字や最大 1570億ドル規模の景気刺激策、そして年末にかけてインフレや経済成長が再加 速する可能性があることが挙げられる。ブルームバーグ・ニュースがエコノミ スト51人を対象にまとめた予想(中央値)によると、30年国債の利回りは2月 1日の4.31%から、来年1月までに4.70%に上昇するとみられている。

ユナイテッド・ネーションズ・フェデラル・クレジット・ユニオンの最高 投資責任者(CIO)であるクリストファー・サリバン氏は、30年国債投資に 伴う損失は「痛烈かつ深刻」になる恐れがあると指摘。これまで相場を支えて きた「サブプライムや銀行の評価損、銀行の業績低迷、企業利益の落ち込みな どの問題が、快方に向かうこと」を理由に挙げた。

ライデックス・インベストメンツのポートフォリオマネジャー、アン・ラ フ氏は「利下げや景気刺激策が効果を表し、景気が安定または再加速し始めれ ば、長期金利の上昇傾向を目にするだろう」との見通しを示した。

先週の30年国債(表面利率5%、2037年5月償還)の利回りは前週末比5 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の4.31%。価格は同27/32(額 面1000ドルにつき8.44ドル)低下の111 12/32。

-- Editor: Dave Liedtka, Helen Stock

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Sandra Hernandez in New York at 212-617-3628 or shernandez4@bloomberg.net; Daniel Kruger in New York at +1-212-617-2986 or dkruger1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dave Liedtka at +1-212-617-8988 or dliedtka@bloomberg.net

企業別ニュース: