英BA:07年4-12月の純利益、22%増加-ビジネス需要好調(2)

欧州3位の航空会社、英ブリティッシュ・エ アウェイズ(BA)が1日発表した2007年4-12月期決算は、前年同期比22% 増益となった。ファースト、ビジネス両クラスの航空券販売が好調だったことや コスト削減が寄与した。

同社の資料によれば、純利益は6億2300万ポンド(1株当たり53.3ペン ス)と、前年同期の5億900万ポンド(同43.8ペンス)から増加。売上高は、 前年同期比1%増の66億2000万ポンドだった。

BAは、米英路線でビジネス需要を取り込み、航空機の使用効率を高め、年 金拠出金の制限、事務職の人員削減を進めることで経費を減らすなか、今年度の 営業利益率10%達成を目指している。原油価格の上昇懸念や世界的な景気減速 で、同社の株価はここ3カ月で25%下落している。

ウィリー・ウォルシュ最高経営責任者(CEO)は発表資料で、「燃料コス トの増大や難しい市場にもかかわらず、再び良い結果を出すことができた」との 認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE