日清食社長:JT、加ト吉との冷凍食品統合、既定路線に変更なし

即席めん国内最大手の日清食品の安藤宏基社 長は1日、東京本社で会見し、JT、加ト吉との冷凍食品事業の統合について既 定路線を変更する考えはないことを明らかにした。

JT子会社が輸入販売した中国製ギョーザによる食中毒事件で、JTなどの 冷凍食品に対する消費者の信頼感が大きく損なわれる懸念があるため、市場には 冷凍食品統合の戦略に影響が出かねないとの見方もあったが、そうした見方を否 定する形となった。

日清食品とJTは昨年11月、共同で冷凍食品国内最大手の加ト吉を買収する と発表。買収後は3社の冷凍食品事業を統合し、業務提携を進める。3社の事業 統合で、JTグループの冷凍食品事業は国内最大級となり、加ト吉も不正会計で 落ち込んだ事業の立て直しを図ることにしていた。

株価は、日清食が同50円(1.4%)高の3600円、JTが前日比1万2000円 (2.2%)安の54万6000円(午後2時29分現在)。