スクエニの和田社長:新たなM&A戦略を推進-タイトー再建順調(2

スクウェア・エニックスの和田洋一社長は 1日、ブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、新たなM&A(企業の 合併・買収)を中核に据えた成長戦略を推進する方針を明らかにした。同社が 買収したアミューズメント関連事業のタイトーの再建が順調なことや、世界的 な株安などM&Aの環境が整いつつあることが背景にあるとしている。

和田社長は「現状の業績は巡航速度に入っている」として通期業績予想の 達成に自信を示した。そのうえで、来期の見通しに関連して「安定ではなく、 成長を目指す」と強調し、「M&Aを中核に成長する路線は継続する方針だ」 と語った。

同社の2008年3月期連結業績予想は売上高が前期比0.6%減の1625億円、 営業利益は同19%減の210億円、経常利益は同24%減の200億円、純利益は 同3.3%増の120億円となっている。

和田社長は「タイトーの収益を持ち上げるのに2年かかった」とし、「よ うやくきちんとした(M&A関連の)話に踏み込めるようになった」との認識 を示した。

和田社長は、2001年に社長就任以来、2003年、2005年とこれまでにほぼ 2年で1回のペースでM&Aを実施し、軌道に乗せてきた、と語り、新たなM &A実施に向けて、①2年前に買収したタイトーの業績が急速に回復した、② 米国サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題の影響に端を発し た世界的な株安により「攻める側としては有利」な状況下にある--などの点を 挙げた。

M&Aの対象については、国内、海外幅広く考えているが、中国やインド などの新興国のマーケットについても「常に事業展開が今のままでよいのか考 えており、事業強化を視野に入れている」と語った。ただ、具体的な対象につ いては「相手のある話なので」とコメントするにとどめた。

手元資金は1000億円

資金調達に対しても、和田社長は「いつでも出動できる資金が手元に約 1000億円ある」として、さらに金融市場からの資金調達についても「外部から の資金調達もそう難しい環境では今はないのではないか」との認識を示した。

和田社長は、「昨年は目玉商品がない状態だが、それでも第3四半期で営 業利益が179億円出た、この規模の利益が出るか出ないかで生き残りの明暗が 分かれる。その意味では、経営的には成功しつつある」との認識を示した。

スクウェア・エニックスの株価は前日比20円(0.7%)安の3030円(午 後2時42分現在)

--共同取材:Pavel Alpeyev、Editor: Masashi Hinoki Tetsuki Murotani

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 松田 潔社 Kiyotaka Matsuda +81-3-3201-8694 kmatsuda@bloomberg.net 東京 Pavel Alpeyev +81-3-3201-2 palpeyev@bloomberg.net 東京 吉川淳子 Junko Kikkawa nh jtse +813-3201-7302 jkikkawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Peter Langan +81-3-3201-7241 plangan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE