クリントン,オバマ両氏:スーパー・チューズデー前最後の討論会で舌戦

2008年の米大統領選で民主党候補指名を争 っているクリントン、オバマ両上院議員は31日夜、20州以上で予備選・党員集 会が集中する2月5日の「スーパー・チューズデー」前としては最後の討論会 で、医療保険制度改革などについて論戦を戦わせた。

ロサンゼルスで開催されたこの日の討論会では、最近の選挙戦の特徴とも なっている攻撃姿勢はほとんど見られなかったものの、前半にはオバマ氏が国 民全員に医療保険加入を義務付けるクリントン氏の提案を強く批判する場面も あった。

オバマ氏は「義務付けることは可能だが、金銭的理由で加入できない人々 は残る」とし、「金銭的理由で加入できない人に対し、罰金を科す、あるいは 賃金差し押さえを行うのか」と畳み掛けた。

クリントン氏は、民主党には国民皆保険を求めていく道徳的義務があると 指摘。「われわれは全員が無理なく加入できるようにする」との考えを示し、 「わたしの計画なら経費は大幅に低下する。それは、われわれ全員にとって重 要だ。補助金を支給するし、保険料の上限も設ける」と述べた。

今回の討論会は、ジョン・エドワーズ元上院議員が民主党候補指名争いか ら撤退後初めて。エドワーズ氏の離脱により、オバマ、クリントン両氏の一騎 打ちとなった。両氏はともに、討論会でエドワーズ氏をたたえた。

オバマ氏は、同氏とクリントン氏が親しいことを強調。その上で「黒人と 白人の選択でも、性別や宗教の選択でもないと思う」と述べ、人種問題をめぐ る議論をけん制した。

両氏はまた、ブッシュ大統領の減税措置について、富裕層に回す部分を一 部削減し、その分適用範囲を広げたい考えを示した。

-- Editor: Robin Meszoly, Max Berley.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Lorraine Woellert in Los Angeles at +1-202-624-1963 or lwoellert@bloomberg.net; Edwin Chen in Washington at +1-202-624-1844 or echen32@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Mike Forsythe at +1-202-624-1940 or mforsythe@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE