旭化成:4-12月期純利益は8%増の614億円-ケミカル好調

住宅や化成品などを手掛ける旭化成が31 日発表した2007年4-12月期の連結業績は純利益が前年同期比8%増の614 億円だった。原燃料価格の高騰を背景とした製品市況の上昇や好調な海外需要 を背景に、ケミカル事業が業績を伸ばした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。