加ドル:1カ月ぶり大幅安、成長減速で-10年債利回りほぼ変わらず

31日の外国為替市場で、カナダ・ドルは 約1カ月ぶりの大幅下落。同日発表された11月のカナダの国内総生産(GDP) が経済成長の鈍化を示し、カナダ銀行が利下げするとの観測が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。