テクモ株が反発、Wii向けソフトの開発・販売で任天堂と協力(2)

ゲームソフトメーカーのテクモの株価が 大幅反発。午後に入って一時122円(11%)高の1235円まで上げ幅を拡大し、 投資家の短中期的な売買コストを示す25日移動平均線(1184円)を1カ月半 ぶりに上抜けた。同社は、30日に任天堂と家庭用据え置き型ゲーム機「Wii (ウィー)」向けのソフト開発、販売で協力すると発表。今後の業績拡大に寄 与するとの期待が広がった。終値は111円(10%)高の1224円。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。