アジア株:上昇、企業業績に期待-ホンダや現代重工業が高い

31日のアジア株式相場は上昇。域内の企 業業績が米景気減速を乗り越えるものになるとの観測が強まった。ホンダが利 益見通しを引き上げたほか、韓国の現代重工業が過去最高益を記録した。

ホンダは3週間ぶりの高値を付け、韓国の現代重工業はここ4週間で最大 の値上がりとなった。セイコーエプソンや香港のアパレル小売り、エスプリ・ ホールディングスもそれぞれ、増益が好感されて買われた。

DBSアセット・マネジメント(シンガポール)で160億ドル相当の運用 に携わるテオ・チョンキアット氏は、「ディフェンシブなスタンスを続け、割安 感があり、業績に反発力がある銘柄を選択的に買い入れる戦略だ。投資家は引 き続き米景気減速と域内の輸出への影響を懸念している」と述べた。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時53分現在、前日比1.8% 高の143.73。一時は0.6%安となっていたが、上昇に転じた。同指数は月間 ベースでは8.9%安と、2001年9月以来で最大の下げとなりそうだ。

日経平均株価は前日比247円44銭(1.9%)高の1万3592円47銭で終 了。韓国総合株価指数は2.2%高で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE