菅氏:次期日銀総裁人事、財務省OB排除せず-能力が判断材料(2)

民主党の菅直人代表代行は31日午後、 党本部での記者会見で、3月19日に任期が切れる日銀の福井俊彦総裁の後 任として、武藤敏郎副総裁(元財務事務次官)の昇格が有力視されているこ とについて、「中央銀行の特別の位置付けもある。総裁としての必要な能力 の議論も含めて判断の材料にすべきだ」と述べ、財務省OBを候補から排除 すべきではないとの考えを示した。

「財政・金融の分離」の観点から、仮に財務省OBが総裁になることの是 非を質問されて答えた。

31日付の毎日新聞朝刊は、政府、与党は次期日銀総裁には武藤氏が適任 だと判断、近く民主党など野党に提案する見込みだと報道。民主党も金融政 策だけでなく政官界に太いパイプを持ち安定感のある武藤氏の起用を受け入 れるとみられると伝えた。

菅氏は会見で、政府から日銀総裁人事に関して「一切話を聞いていな い」と否定。その上で、政府から示される選択肢の中から考えたい、と語っ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE