米MBIA:10-12月期過去最大の赤字-新たな資本増強策を検討

世界最大の金融保証会社(モノライン)、 米MBIAが31日発表した2007年10-12月(第4四半期)決算は、純損益 が四半期ベースで過去最大の赤字となった。同社が保証するサブプライム(信 用力が低い個人向け)住宅ローン関連証券の価値低下を受けて、新たな資本増 強策を検討していることも明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。