コンテンツにスキップする

野村HD:第3四半期純利益71%減の226億円-投資銀行業務が低調(2)

国内証券最大手の野村ホールディングス (HD)が31日に発表した第3四半期(2007年10-12月)連結業績(米会計 基準)によると、純利益は前年同期比71%減の226億円となった。米サブプラ イム(信用力の低い個人向け)住宅ローン関連損失のほか、株式の引き受け・売 り出し業務など投資銀行業務の不振が響いた。

第3四半期の収益合計は前年同期比27%減の4328億円だった。投資銀行業 務手数料は同37%減の203億円、トレーディング益は同27%減の651億円だっ た。委託・投信募集手数料は同23%増の1034億円、アセットマネジメント手数 料は同30%増の476億円となった。4-12月通期の純利益は同38%減の889億 円となった。

--共同取材:日向 貴彦 Editor: Kazu Hirano

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 河元 伸吾 Shingo Kawamoto +8-13-3201-3540 skawamoto2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 大久保義人 Yoshito Okubo +8-13-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Philip Lagerkranser +8-52-2977-6626 lagerkranser@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE