ドレマン氏:金融株に「大きな機会」-BOAとワコビア買い増す

ドレマン・バリュー・マネジメントで200億 ドル(約2兆1300億円)相当の資産運用を担当するバリュー投資家のデービッ ド・ドレマン氏は、30日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、 昨年末にバンク・オブ・アメリカ(BOA)とワコビア株を買い増したことを明 らかにした。同氏は、昨年の金融セクターのパフォーマンスが90年以来最悪だ ったことが「大きな機会」をもたらしたと説明した。

S&P500種金融指数は07年10-12月(第4四半期)に15%下落し、年間 では21%の下げとなった。10-12月期にBOAが18%、ワコビアが24%それぞ れ下落した。

ドレマン氏は、「昨年末にかけて市場はパニックに陥り、多くが下げ過ぎと なった」と指摘。「上げへの転換があると見込まれる。恐らく金融株にとって過 去15年間で最大の機会となるだろう」と予想した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE