サブプライムRMBSなど5340億ドルを格下げか見直し-S&P(2)

米格付け会社スタンダード・アンド・プ アーズ(S&P)は30日、米サブプライム(信用力が低い個人向け)住宅ロー ン担保証券(RMBS)および債務担保証券(CDO)計5340億ドル(約56 兆8000億円)相当を格下げしたか、格下げ方向で見直しの対象にしたことを明 らかにした。住宅ローンの焦げ付き増加を受けた措置。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。