アジア株:上昇、増益決算を好感-電子関連銘柄や自動車株が高い

31日のアジア株式相場は上昇。セイコー エプソンとダイハツ工業が前日発表した増益決算を手掛かりに、電子関連銘柄 や自動車株が買われた。

インクジェットプリンターで世界3位のセイコーエプソンは3年ぶり、ト ヨタ自動車の子会社、ダイハツ工業は5カ月ぶりの大幅な上昇率となっている。 前日大きく売られた韓国の現代重工業は、下げ過ぎとの見方から反発した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前11時1分現在、前日比0.9%高 の142.44。一時は0.6%安となっていたが、上昇に転じた。同指数は月間ベー スでは、2001年9月以来で最大の下げを記録しそうだ。

日経平均株価の午前終値は前日比72円95銭(0.6%)高の1万3417円98 銭。韓国総合株価指数も上げている。

医療用機器大手のテルモは、前日発表した決算やメリルリンチが出した買 い推奨を支えに、ほぼ半年ぶりの大幅高。ポータル(玄関)サイト日本最大手 のヤフーも業績を好感して11%高となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE