米アフラック10-12月:15%増益、日本での収入増加-予想下回る(2)

医療保険販売の米アフラックが30日発表 した2007年10-12月(第4四半期)決算は、日本での収入増加を受け、前年 同期比で15%増益となった。

純利益は3億8200万ドル(1株当たり78セント)と、前年同期の3億 3200万ドル(同67セント)から増えた。営業利益も1株当たり78セントと なったが、ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト17人の予想平均 (同80セント)は下回った。

ダニエル・エイモス最高経営責任者(CEO)は昨年11月、日本の多く の郵便局での同社のがん保険取り扱いに向けた契約を結んだ。また、アフラック は総収入の約4分の3を獲得している日本で、販売スタッフの再訓練を行ってい る。

30日の株価終値は前日比1.41ドル(2.3%)安の60.82ドル。過去1 年で28%上昇している。

同社は29日、17%の増配を発表するとともに、自社株買い戻しを加速す る計画を示した。08年の1株当たり営業利益の伸び率目標(13-15%)の「上 限」到達を目指す。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE