三菱UFJ:4-12月の純利益54%減-サブプライム損失550億円に(2)

三菱UFJフィナンシャル・グループが 31日発表した第3四半期(2007年4-12月)連結業績によると、純利益は前 年同期比54%減の3147億円となった。サブプライム(信用力の低い個人向 け)住宅ローン関連損失の拡大に加え、本業低迷や子会社の業績悪化も響いた。 08年3月期の純利益は前期比32%減の6000億円と従来予想を据え置いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。