コンテンツにスキップする

丸紅:10-12月純利益は23%増-原油高騰、建機・船舶好調(2)

総合商社の丸紅が30日発表した2007年10 -12月期の連結純利益は前年同期比23%増の369億円となった。07年4-12 月期連結純利益は前年同期比22.6%増の1172億円と、6年連続で最高益を更新 した。

原油価格高騰で北海やメキシコ湾の油田権益からの収益が寄与したほか、 建機や航空機事業、船舶や鉄道貨車リース事業などの利益が大幅に伸びた。通 期(2008 年3月期)純利益見通しは従来予想の1450億円を据え置いた。

同日、都内で会見した朝田照男専務は、業績を左右する資源・エネルギー 市況について「原油価格など若干の調整はあるが高水準が続く」との見通しを 示した。また、08年度の景況感について「米国経済のリセッション(景気後退) 入りはありうる、BRICs諸国や東南アジアへもそれなりの影響は出るだろ う」とコメントした。

丸紅の株価終値は前日比11円(1.6%)高の715円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE