グリーンスパン氏:米リセッション入りのリスクは50%以上-ツァイト

グリーンスパン前米連邦準備制度理事会(F RB)議長は、米経済がリセッション(景気後退)に陥るリスクが少なくとも 50%あるとの見方を示した。ドイツの週刊紙ツァイトが30日までに報じた。

同紙によればグリーンスパン氏はインタビューで、「米リセッション入りの 確率は50%、もしくはそれ以上だ」と指摘しながらも、「すでにリセッション入 りしたという証拠は、今のところほとんどない」と述べた。

同氏は「米リセッションが世界的なリセッションを引き起こす可能性は低 い」としたものの、世界の経済成長率は「著しく鈍化するだろう」と語った。

グリーンスパン氏はまた、米金融当局の政策が同国の不動産価格を押し上げ たのではないとの認識を示した上で、米住宅価格の上昇は「世界的な影響という ことで完全に説明がつく」と述べた。同氏は、アジアが市場開放を続けるならば、 アジア諸国の国内総生産(GDP)は今後20年間、伸び続けるとの見通しも示 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE