日本の大手銀:米金融機関への出資を検討、好機と判断-英紙FT

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT、オン ライン版)は29日、サブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)問 題の影響で株価が急落し早急な資本増強を必要としている米金融機関の現状を、 日本の金融機関が出資などを通じて海外に進出する絶好の機会ととらえていると 報じた。

同紙によると、これまで実際に決まった案件は、みずほコーポレート銀行に よるメリルリンチへの出資のみだが、そのほか三菱UFJフィナンシャル・グル ープと農林中央金庫、三井住友フィナンシャルグループが投資機会を検討してい るという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE