インデクH株が4連騰、社長の保有比率低下が判明-売り圧力後退期待

携帯電話向けに情報配信を手掛けるイン デックス・ホールディングスの株価が4連騰。一時、ストップ高(値幅制限い っぱいの上昇)となる2000円(11.8%)高の1万8970円まで上昇した。同社 の筆頭株主で社長を務める落合正美氏が29日、株式保有比率を引き下げる大 量保有報告書を提出した。アナリストの間からは株価売却が一巡し、リバウン ド局面に入ったと指摘する声が聞かれている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。