ヤフー:10-12月期純利益13%増の172億円-広告中心に事業好調(4)

ポータル(玄関)サイト国内最大手ヤフー が30日発表した第3四半期(2007年10-12月)連結決算によると、純利益は前 年同期比13%増の172億円だった。広告関連企業の連結子会社化で広告事業の売 上高が大幅に伸びた。また、不動産情報の掲載件数が増加したほか、オークショ ンの手数料とショッピングのテナント料などの収入が好調に推移し、ビジネスサ ービス事業の増収が寄与した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。