キヤノンの業績減速へ、リコーも下方修正-円高・世界景気変調が影

複写機世界最大手のキヤノンは30日、今 期(2008年12月期)の連結純利益が前期比6.5%増の5200億円になる見通し だと発表した。9期連続の最高益となるが、伸び率は9年間で最低となる。事 務機大手のリコーも同日、08年3月期の業績予想を下方修正しており、世界景 気の変調が日本の輸出メーカーの業績にも影を落とし始めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。