中国人民元:ペッグ制廃止後の最高値更新-大雪によるインフレ懸念で

中国の外国為替取引では、人民元がドルに対し 6営業日連続で上昇し、ペッグ(連動)制廃止後の最高値を更新した。50年ぶり の大雪の影響でインフレが悪化し、人民元の上昇加速容認を促すとの観測が広がっ た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。